高認から大学へ


[01]英語 [02]国語 [03]数学 [04]地理 [05]世界史
[06]日本史 [07]現代社会 [08]倫理政経 [09]地学 [10]生物
[11]化学 [12]物理 [13]理科総合

日本史 独学勉強法
 大問は5題~8題と年によって異なります。選択問題はなくすべて必須問題です。
日本史Aは、主に江戸時代(幕末)以降が中心になります。それ以外にも、中世からの問題も出題される事もあります。細かい知識も要求され高認の中では難しい科目といえます。
受験勉強全体の基本戦略はこちら
[勉強方法]
歴史の勉強方法の基本は、まず歴史の大まかな流れをつかむ事、そして用語のうろ覚えをする事です。最初から細かく暗記しようと読むと挫折してしまいます。 「何をした人か忘れたけど天草四郎って人がいたな」とか、「何だかわからないけど、応仁の乱って用語があったな」というようなレベルで良いのでざっと通読し、 徐々に記憶を定着させるのが基本的な勉強方法です。

しかし、日本史を初めて勉強する人や、中学レベルの歴史の知識がない受験生には、マンガの活用をオススメします。 知識ゼロの状態では、教科書・参考書の活字だけで理解していくのは、なかなか難しいです。
その点、マンガは歴史の流れが絵で入ってくるので理解しやすく覚えやすくなります。
歴史マンガでオススメなのは、小学館の少年少女日本の歴史(全23巻) です。
小学生向けですが、高認試験レベルの内容も十分に描かれています。ただ相当のボリュームがあるので、前半だけざっと目を通したり、苦手な所を集中的に読むなど工夫してみてください。
マンガを読む時でも以下の2点は注意して読んでください。
事件や出来事が起きた理由をつかむ。
その事件や出来事が今後どうつながっていくのかを理解する。
参考書・問題集の選定はこちらを参考にしてください。

NHK高校講座も参考になると思いますので以下に、日本史Aの部分の講義を紹介します。
NHK高校講座 日本史ライブラリー(日本史Aの部分)
[01] 動揺する江戸幕府 [11] 第一次世界大戦
[02] 開国 [12] 大正・昭和初期の経済と対外関係
[03] 明治維新 [13] 昭和恐慌から二・二六事件へ
[04] 自由民権運動 [14] 戦争の時代
[05] 大日本帝国憲法 [15] 敗戦と占領・戦後改革
[06] 条約改正 [16] 講和から高度経済成長の時代へ
[07] 日清戦争 [17] 高度成長から低成長の時代
[08] 蝦夷地から北海道へ
[09] 琉球から沖縄へ
[10] 日露戦争