高認から大学へ


[01]英語 [02]国語 [03]数学 [04]地理 [05]世界史
[06]日本史 [07]現代社会 [08]倫理政経 [09]地学 [10]生物
[11]化学 [12]物理 [13]理科総合

高認国語 独学勉強法

 比較的やさしい問題が多く、高認で一番合格しやすい科目です。 大問が4問出題されます。大問1(小説),大問2(評論)が現代文、大問3が古文、大問4が漢文です。
受験勉強全体の基本戦略はこちら

勉強方法

現代文だけで50点ありますので、ココを得点できるかがポイントになります。 まず最初に現代文の過去問に取組みましょう。 一般常識に近いレベルなので普通に文章を読めて話の筋がつかめれば6割以上は取れるでしょう。

現代文は基本的に過去問のみを活用しましょう。 国語力はこれまでの読書量がモノをいい、しかも短期間では身につきません。 かといって、これから本を読みはじめるのでは時間が足りなくなります。効率的に得点力をつける方法はズバリ、過去問題の現代文をたくさん読む事です。

そして正解の根拠は必ず文中に書かれていますので、それを見つける訓練をする事。(自分がどう思うかではなく、文章から根拠をおさえる。)
高認国語では、選択肢があるので、消去法で確実に正解にたどり着けます。(選択肢の過ちを見つける方が実は簡単)

古文、漢文の配点はそれぞれ25点です。同じ25点でも漢文の方が、圧倒的に短期間で得点できますので、こちらを優先する事。
返り点を理解し句法を覚え、書き下し文で確認していけば良いでしょう。
古文は、文法、単語と古文常識をある程度こなさいと文章の意味を把握できません。
参考書・問題集の選定はこちらを参考にしてください。