高認から大学へ


[01]英語 [02]国語 [03]数学 [04]地理 [05]世界史
[06]日本史 [07]現代社会 [08]倫理政経 [09]地学 [10]生物
[11]化学 [12]物理

参考書紹介のページですが、それでもあえて最初に紹介するのが不忍堂の授業動画です。高認数学では受験生から圧倒的な支持を得ています。解説のわかりやすさもすばらしいものがあります。

不忍堂でも難しい場合は、分数計算(小学高学年)と中1レベルの数学から始める必要があります。

中学数学

中学数学の内容をやさしい計算問題にフォーカスして勉強できる問題集です。解説部分は、要点集タイプのため詳しくありませんので中1~中2数学がうろ覚えでも、ある程度ある人向けの参考書です。中学時代に不登校であった場合は、下で紹介する「やさしい中学数学」が無難です。(あくまで不忍堂の理解を助けるために使う。)

数学の知識がゼロからの人向けです。会話形式で解説されているので、授業を受けているような感じで進めていく事ができます。解説はかなり丁寧でわかりやすいですが、その分ボリュームがあります。不忍堂の理解を助けるため部分的に活用すると良いでしょう。

高校数学(高認試験の範囲は高1まで)

高卒認定ワークブックシリーズの中では良書ですが、要点集タイプのため解説は詳しくありません。中学数学の基礎ができていない場合は使いこなせない可能性が高いでしょう。